第二新卒の転職マニュアル

第二新卒での転職を成功させるには、何をすれば良いのか?

近年よく耳にするようになった「第二新卒」、新卒と呼ばれるのは高校や大学などを卒業して初めて社会人として企業などで働く人のことを言いますが、第二新卒とは、新卒で新入社員として入社した人のうち3年以内に退社してしまったことの人を言います。

ある調べでは中卒で7割、高卒で5割、大卒でも3割の人が3年以内に新卒で入社した企業を退社していることがわかっており、そんな人たちが第二新卒として扱われることになります。

新卒で入社できたにも関わらず3年以内に退社してしまうという理由は人それぞれさまざまですが、入社前に希望していた職種や仕事内容と異なる仕事が続くミスマッチや、会社内での人間関係問題などが挙げられます。

第二新卒となった人のほとんどが新しい職場へと転職するのではなく、就職できないニートや収入が安定しにくいフリーターになってしまう人も多いようです。

初めての職場で経験したさまざまな問題から、次の就職先を見つけるのがおっくうになってしまうということがあるからかもしれませんね。

しかし第二新卒の場合、卒業してからまだ年数が少なく、就職を経験しているということから、既卒で就職が決まっていない人よりも就職に有利になりやすいようです。

新卒や既卒よりも第二新卒を採用して即戦力に育てたいと考えている企業も増えてきていますし、第二新卒の就職を支援しているところもあります。

ただ第二新卒といえどもブランクが長ければ「第二新卒」というブランドが使いにくくなるため、次の仕事を探そうと思っているなら早いうちが良いでしょう。

第二新卒となってから1ヶ月や2ヶ月程度であれば問題ありませんが、退職から就職活動の面接までに期間が空いている場合、そのブランク中にどんなことをしていたのか必ず聞かれるので、その理由を説明できるように準備しておくのも忘れないようにしたいですね。

就職をサポートしてくれるキャリアカウンセラーが対応してくれる、就職サポートサイトを利用するのも便利です。

第二新卒の転職について大変参考になるサイトがありますので紹介します。

第二新卒・第2新卒の転職・就職ガイド
もう4,5年前から運営されているサイトで、当サイトを制作するのにも参考にさせていただいた老舗サイトさんです。とても厳しく、そして優しく第二新卒者の現状と対策を解説されているので参考にして下さい。(http://www.asaipro.jp/)

不況の中で転職先を見つけるには?

長く続く不況の中、新卒者でも就職を決めるのが難しいという環境で、第二新卒者の転職先も簡単に見つかるわけではありません。

さまざまな企業が儲かりにくくなっていることから、新しく人材を採用することができないという状況が続いていることが主な原因です。

ただ不況の中でも業績を伸ばしている、不況に強いと言われている業界もあります。

例えば低価格で品質の高い商品を提供しているような、ディスカウントショップやファストファッション企業などは不況に強い業種であり、不況下でも人材の採用を積極的におこなっていることがあります。

人材の確保に積極的と言うことはそれだけ業界が忙しく、採用直後からたくさんの仕事が待っているかもしれませんが、とにかく新しい仕事を早く始めたいという場合は、こうした企業を探して優先的に応募してみるのも良いでしょう。

目指す業界や職種が決まっていて、どうしてもそこを諦めたくないという場合は、就職が決まるまでの期間を使って自分自身のスキルを磨くことです。

不況で就職先が見つからないのは何も自分だけでなく、当然周りにも就職難に直面している人たちがたくさんいるということです。

転職先が決まらないでいる間なにもしないのでは、他の人と差を付けることができず、ブランクが長ければ長いほど新しい職場を見つけるのは難しくなってしまいます。

それならば仕事に役立つスキルを身につけたり、何か資格を取得したり、次の仕事に繋がるようなステップアップを目指すべきではないでしょうか。

身についたスキルは不況を乗り越えた先でも必ず役に立つ場面があるでしょう。

もし自分で転職先を見つける自信がなければ、転職エージェントや人材紹介サービスを利用するという方法もあります。

転職や人材紹介の専門家から見れば、今まで自分では思いつかなかった就職先や仕事が見つかることもあるかもしれません。

インターネットなどで簡単に登録できる転職エージェントサービスもあるので、新しい可能性を見つけるために利用してみるのも良さそうですね。